福島県福島市 心療内科・内科・精神科 社会医療法人 一陽会 一陽会病院

qrcode.png
http://ichiyo.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

社会医療法人一陽会
一陽会病院
〒960-8136
福島県福島市八島町15-27
TEL.024-534-6715
FAX.024-531-0427
--------------------------------
心療内科・内科・精神科
--------------------------------
 
 

【新着情報】 社会医療法人一陽会 一陽会病院からのお知らせ

【新着情報】 社会医療法人一陽会 一陽会病院からのお知らせ
1
 
実務経験のある作業療法士を募集しています
2020-06-01
医療スタッフの募集について
  
 多職種連携によるリカバリー支援をさらに推進するため、精神科領域で作業療法士としての実務経験が3年以上ある方を募集しております。
 
 福島市へのUターンを検討中の方は、【医療スタッフ募集】のページをご覧ください。
 
 
 
 
新型コロナウイルスによる院内感染の結果報告
2020-05-11

令和2422日に入院中の患者さまが新型コロナウイルスに感染し、福島市保健所から院内感染が疑われると発表があり、福島県内初という見出しでトップページに載せた新聞社もありました。 その後、直ちに濃厚接触者と判断された病院職員・入院患者さま併せて64名のPCR検査が行われましたが、すべて陰性でした。さらに、身体不調のあった職員や他病棟で発熱した患者さまのPCR検査が追加で行われたましたが、すべて陰性の結果でした。

 

院内感染が確認されてから19日が過ぎた現在、2次感染者が一人も出なかった事は奇跡に近いものと思っております。唯一陽性であった患者さまも、他の病院にある感染症病棟で治療を行われた結果、陰性に転じ53日に退院となり、精神症状も落ち着いた状態で自宅に帰りました。

  当院で感染者が発生した後、2次感染者が複数発生するアウトブレイクを防止できた大きな要因は3つあると思います。1つは発熱してからすぐに隔離(個室管理)した事です。2つ目は胸部CT検査を行って肺炎が確認されてから、紆余曲折はありましたが、何とか早期にPCR検査が実施され、陽性と確認された後は職員が感染防護策(標準予防法)を徹底した事です。3つ目は速やかにゾーニングを行い、見えないウイルスに対して可視化対策を施した事です。

 この3つの対策を行った事で、新型コロナウイルスを完全に封じ込める事が出来て、院内でのアウトブレイクを防ぐことが出来ました。

 

 当院が未だに新型コロナウイルスに汚染されていると思われている方もおられると思いますが、当院は院内感染が起こる前から徹底した防御対策を取っておりましたので、蔓延化を防ぐことが出来ました。また、院内感染後から現在まで、「人が触れる場所は漏れなく消毒する」を実践しておりますので、当院利用している患者さんや近隣の方々には安心していただきたいと存じます。

 

2020年5月11日(月)

病院長 寺山賢次

 

 
新型コロナウイルスに感染した患者さまの退院について
2020-05-07

4/22に新型コロナウイルス感染が報告され、4/24に専門治療機関に転院した患者さま(30代・女性)は、PCR検査で陰性が確認され、5/3(日)に自宅に退院となりました。

 

 

 

 
外来診療の再開日について
2020-04-24

【当院を利用されている患者さまへ】

 

4/24(金)までに実施したPCR検査の結果を受け、福島市保健所から「外来診療再開」の許可が出ました。

4/25(土)に準備を行い、4/27(月)から外来診療を再開行います。但し、外来エリアの徹底した清掃・消毒を継続するため、診療時間は「8時45分~16時00分」に短縮させて頂きます。デイケア・外来OTの再開については、もうしばらくお待ちください。

 

新型コロナウイルス感染者発生の公表後から本日まで、当院の患者さま、ご家族の方から、主治医や病棟スタッフを心配する声、励ましのメッセージを数多く頂きました。「保育所に預けられない」「出入していた弁当業者が利用できない」等、感染拡大を恐れる多方面からの拒絶に晒される中、皆様の優しい言葉が職員の支えとなりました。

 

本当にありがとうございました。一陽会病院の職員を代表し、心から感謝申し上げます。

 

4月24日(金)21時

 

病院長 寺山 賢次  

副院長 星野 研洋   統括教育部長 大竹眞裕美

経営企画室長 菊地 勝彦

 
4月24日までに実施したPCR検査の結果
2020-04-24

【当院で実施したPCR検査の結果について】

 

4/22(水):新型コロナウイルス感染が確認された入院患者(30代・女性)1名

  ↓

《接触のあった発生病棟の入院患者 27名》 4/24時点では全員が陰性

 「発熱・風邪症状あり」13名… 4/22実施:「陰性」

      「症状なし」14名… 4/23実施:「陰性」

 

《感染した入院患者に接触した病院職員》 *発生病棟の看護スタッフ28名:4/24時点では全員が陰性

 4/22(水)実施 10名(医師・看護スタッフ・心理士):「全陰性」 

 4/23(木)実施 20名(午前:看護スタッフ8名/午後:看護スタッフ9名・作業療法士3名):「陰性」

 4/24(金)実施  7名 (看護スタッフ7名):「陰性」   

 

以上、福島市保健所の協力で実施たPCR検査では、4/22に報告された患者さん以外は、「全員が陰性」です。

 
新型コロナウイルスに感染した患者さまの転院について
2020-04-24

4/22に新型コロナウイルス感染が報告された患者さま(30代・女性)は、本日(4/24)午前に感染者の専門治療機関に、転入院されました。

 

 

 

 
当院で実施したPCR検査の結果について
2020-04-23

【4月22日(水)に福島市保健所から報告を受けたPCR検査の結果】

 

 4/22(水)午後にPCR検査を受けた23名(入院患者13名・医師を含む職員10名)は、「全員が陰性」であることが確認されました。

 

また、4/23(木)午前に「発熱・自覚症状の無かった」入院患者さま14名と看護スタッフ8名がPCR検査を受け、19時頃に「全員が陰性」であると福島市保健所から連絡がありました。 

 

尚、福島市保健所の協力を得ながら、感染した入院患者さまと接した職員のPCR検査を4/24(金)にも実施する予定です。

 

 
病院長からPCR検査までの経緯について(補足)
2020-04-23

昨日の新型コロナウイルス感染症患者の発生に伴う福島市からの記者会見について、本来であれば皆様にご説明すべきところではございますが、出席できなかったこと、皆様にお詫び申し上げます。

現在、感染拡大防止のために保健所や感染症専門家のご指導の元、職員一丸となって院内で鋭意努力しております。患者様及びご家族の皆様におかれましては、多大なご不安ご迷惑をおかけし申し訳ありません。今後の状況におきましても、関係機関のご指示を仰ぎながら、PCR検査の結果等情報を公表させて頂く所存です。

 

まずは、昨日の記者会見でご質問があったPCR検査までの経緯について、以下の通りとなります。

(昨日の記事に関しまして、分かりづらい箇所がございましたので、再掲いたします。)

 


 

新型コロナウイルス陽性者 1名・30代女性(身体的既往なし)

 

4/16(木):午後の検温で38℃台の発熱および鼻水、倦怠感あり。

       感染予防のため、要観察者として大部屋(3名在室)から個室へ移動。

4/17(金):日中36℃台まで下がるも夜間38度台。鼻水・咽頭痛あり。

       血液検査及びインフルエンザ検査施行(陰性)。

4/18(土)日中36℃台で過ごす。

4/19(日):日中38℃台まで発熱。医師に報告しインフルエンザ検査施行(陰性)

4/20(月):厚生労働省による「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安について」の通達に沿って

      4日間の経過観察を行い、症状が持続するため胸部CTを施行し肺炎所見あり。

     午前保健所へPCR検査を相談。保健所より適応ではないと連絡あり。午後、再度保健所へ相談。

4/21(火): 対象患者のPCR検査実施。および以前同室であった患者に胸部CT施行。

       病室のゾーニングを行う。デイケア等の中止。

4/22(水): PCR検査の陽性判明。外来診療の中止。

       感染拡大防止における保健所からの指導を受け対応を開始。

 
新型コロナウイルス感染:PCR検査までの経緯
2020-04-22
【4月22日の新型コロナウイルス感染確認までの経過】(2020年4月22日20時55分 掲載)
 
  4月22日夕方の福島市の会見内容では、当院で実施した対応に関する情報が限られ、「病院での対応が不適切であったのでは?」と記者から指摘があったため、「電子カルテ」に記載されている経過と合わせ、保健所に相談した期日を掲載致します。
 

 
4/16(木) 午前(9:00)の検温時 36.6℃ → 15:30の検温で38.3℃、鼻水・倦怠感の自覚症状あり
   → 医師による診察(触診・聴診):呼吸音クリア・左右差なし、4/16時点で肺炎症状はなく、感冒を疑う
 → 要観察者として「個室管理」での対応を開始  → 19:45の検温 38.4℃
 
4/17(金)  起床時 37.6℃、鼻水・咽頭痛の自覚症状あり
 → 午前(9:00)の検温 37.4℃、一旦36℃台に下がったが、午後(16:00)の検温で 38.1℃ 
     *インフルエンザ検査1回目(陰性)、 血液検査実施
 → 夕方(18:45)の検温 37.7℃ → 眠前(20:00)の検温 36.8℃
 
4/18(土)  起床時 36.3℃ → 午前 36.8℃ → 夕方 37.4℃
 
4/19(日)  起床時 36.9℃ → 午前(9:00) 38.5℃ 
  → 日直医師に報告し診察、インフルエンザ検査2回目(陰性)、経過観察
  → 午後(16:30)の検温 37.8℃ → 夕方(18:50) 37.7℃
 
4/20(月) 起床時 36.2℃ (午前・午後・夕方の検温でも36℃台を維持)
  → 発熱が継続したため、主治医が「胸部レントゲン・胸部CT」実施の指示
  → 午前: 胸部CTで「肺炎所見」を確認し新型コロナウイルス感染の可能性を疑い、保健所に相談の電話
  → 昼頃: 保健所から「入院中であり濃厚接触の可能性がなく、PCR検査の適応ではない」と回答あり
  → 午後: 病院長が「PCR検査」での確認を強く要請 → 4/21にPCR検査を実施する回答を得る。
         *感染疑いの患者と同室だった2名に肺炎所見がないか確認するため胸部CTを実施
   *病棟の1区画を感染の可能性がある患者用に区分け(ゾーニング):同室だった2名を移動
 
4/21(火) 起床時 36.4℃ (午前・午後・夕方も36℃台を維持)
        *保健所職員が9:30に来院し、「個室管理」で対応している患者のPCR検査を実施
 
4/22(水) 保健所からPCR検査で「陽性」の連絡を受ける
 
 
新型コロナウイルス感染症発生のお知らせ
2020-04-22
《新型コロナウイルス感染症発生への対応について》

 

 422()、当院に入院中の患者さまが新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました。現在、関係行政機関の指導のもと感染拡大を防止する為に最大限の対応をしております。

 今回の感染に伴い、当面は下記の対応とさせていただきます。 皆様にはご心配、ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

 

【外来診療について】

 本日より一定期間、外来診療を『電話診療と処方箋のファックス送信』のみと致します。

時間帯については以下の通りとなります。

 

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
午前
星野
木村
 
星野
寺山
佐藤
星野
寺山
前田
伊藤
青野
木村
寺山
木村
 
寺山
星野
木村
午後
寺山
 
 
青野
木村
 
鈴木
前田
 
寺山
青野
 
星野
青野
 
寺山
 
 


デイケアについて】 

 本日より一定期間、デイケアを中止致します。再開については、当ホームページにて発表致します。

 

【面会について】

 病院への立ち入り制限を行いますので、面会は禁止と致します。入院患者さまへのお荷物は、職員がお預かりいたしますので、来院前にお電話下さいますようお願い致します。

 

【お問い合わせについて】

 現在、感染拡大防止のため限られた職員で対応をしております。大変ご迷惑をおかけしますが、電話対応は『患者様およびご家族の皆様におけるご相談』のみ、承ります。お手元に診察券をご用意頂き、「診察券番号」と「お名前」をお伝えください。

 


 

 尚、感染拡大防止のため、記者会見等はせず、現在の状況(濃厚接触者など)については、福島県や福島市にでき得る限りの情報をお伝えしております。県や市からの発表、および、当ホームページでの発表をご覧ください。

 

2020年 4月22日

社会医療法人一陽会 一陽会病院

 理事長・院長 寺山 賢次

 

1
<<社会医療法人一陽会 一陽会病院>> 〒960-8136 福島県福島市八島町15-27 TEL:024-534-6715 FAX:024-531-0427